『みんな』で幸せになろう

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

教室長の井口です。

以前、当校に通う生徒さんとお話しているときに、「バスに乗っていたら、同じバスに乗っていた高齢者の人たちにジロジロ見られて居心地が悪かった」という話を聞きました。そのときはまだ緊急事態宣言下で学校が休校していた時期でした。ニュースやSNSなどでもほぼ毎日「子どもが道を歩いていたときに知らない男性から怒鳴られた」といった話や、「営業を続けている飲食店に嫌がらせの張り紙が貼られた」などといった『自粛警察』なるものが横行している様子が取り上げられていました。

東洋経済オンラインに掲載されたFrontline Pressの記事のなかで、こうした『自粛警察』と類似するものとしては、太平洋戦争が始まる前年に政府が正式に組織化した『隣組』があるということが述べられていました。政府が組織化する以前から、地域社会の自主的な取り組みの中で『隣組』は機能していたらしいのですが、政府がそれを情報の一元化と配給手続きのための基礎組織として利用したという歴史があります。

戦争が続くことでどんどん困窮していく人々にとっては、『隣組』によって相互扶助の関係ができ、それによって救われた人々もきっと多かったと推察できますが、その一方で、この『隣組』により相互監視の仕組みも生まれ、反体制的な言動を行えば憲兵や特別警察に密告されて拷問されるといった負の側面もありました。現代では憲兵などといった組織はありませんが、『自粛警察』は密告から私刑まで行っていることを考えると、「個人は全体へ奉仕すべき」という個々の思想が凶暴性を伴い、個人単体に濃縮されてしまったというような気がして、いささか寒気を覚えます。

大人が子どもたちに倫理的な問題について、「そんなことしたら、『みんな』に嫌われちゃうよ」「そんなこと言ったら、『みんな』に変な目で見られるよ」といった論調で諭すのはよく耳にします。私も、この『みんな』のような「実態の不確かな全体」を意識させる教育を幼い頃から受け続けて大人になりました。これが日本固有のものなのかどうかは、私は専門家ではないので詳しくはわかりませんが、こうした価値観は全体主義との親和性が高いということはよく分かります。

太平洋戦争の終結から75年が経ち、世代は1周回って殆ど一新されているはずなのに、『みんな』から浮いてしまうと全体に迷惑をかけるもの、足を引っ張るものとして排除されるという構図が、未だどうしようもなく存在しているということが、『自粛警察』の存在によってわかります。そしてそうした構図に変革をもたらすどころか、「国」全体が未だそれに飲み込まれてしまっているのが、今の日本の根深い現状と言えるのかもしれませんね。

コロナ時代の中学受験は『兼塾』で合格を勝ち取る!

こんにちは。
中学受験に強い塾・アレスパークです。

この記事は、中学受験を控えたお子様のいるお母様・お父様に向けて書いています。

この記事を読むと、

「コロナが中学受験にどのような影響を与えたのか」

「アフターコロナの世界での成功に近づく中学受験とはどのようなものか」

が分かります。


勉強の習慣が崩れていませんか?

大切なお子様の中学受験『合格』のために、是非最後までお付き合いください。


(コロナ禍前の教室風景)

コロナがもたらした価値観の変化

コロナにより、人々の価値観や時間の使い方が大きく変わりました。

例えば、
「出勤しての仕事からテレワークに変化した」
「会議室でのミーティングがオンラインでのミーティングに変化した」
「居酒屋での飲み会がオンライン飲み会に変化した」
などです。

コロナの終息がいつになるのかが見えない中で、私たちの価値観や時間の使い方は元に戻るのでしょうか。元の価値観には戻らないだろうという意見を発信する人も多数います。

コロナが終息し、一度「テレワークにより満員電車に乗って出勤する必要のない生活」を覚えた人々がこのままテレワークの継続を希望することも十分考えられます。それに合わせて企業も「テレワーク可」を武器にした求人を多数展開するかもしれません。

さて、ここからが本題です。つまり中学受験についてお話しさせていただきます。

日本式エリート教育の終焉!?

現在、中学受験は大手塾によって「システム化」されています。

①教室に行って国語・算数・理科・社会を受講
②塾の自習室や自宅で指示された課題をこなす
③定期的に定着度を測るテストを受ける
④その結果によってクラス分けがなされる
⑤新しいクラスで授業を受ける

…というプロセスを繰り返すシステムです。

このシステムは非常に完成度が高く、それぞれのプロセスをきちんとこなしていれば偏差値を上げて志望校に合格することができます。

ここで1つ問題があります。
このシステムの完成度が高すぎるという問題です。

「完成度の高いシステムで志望校に合格するなら何の問題もないじゃないか!」とお思いかもしれませんが、そうではありません。

具体的にお話ししましょう。

中学受験の勝者が、敗者になるシステム

システムの完成度が高いことにより、このシステムの中で「勝者」となるには、

・主体性を持たず、システムのプロセスの沿って言われたことを淡々とこなす

・覚えろと言われたことを疑問を持たず、素直に覚えて暗記選手権を制す

・自分で考えるよりも、答えを参照して効率良く勉強する

・他人とのコミュニケーションに時間を割くよりも、一人で黙々と勉強に打ち込む

等が必要となっています。

これにより、

「自分に与えられたマニュアルを忠実に実行することは得意だが、新しい発想を創造し他人と協力しながらそれを形にすることは苦手」

という特徴が身に着きます。

日本人が発明したものが世界中で使われなくなって久しいです。

工業が盛んな時代の日本は、ウォークマン、インスタントラーメン、ウォシュレットなど世界中の人々の生活を変える発明をしていました。

情報化社会となり、Google、Amazon、Facebook、Appleなどの企業が提供するサービスが世界中の人々の生活を変えていますが、その中に日本発の企業の名はありません。

ここには、上述の
「自分に与えられたマニュアルを忠実に実行することは得意だが、新しい発想を創造し他人と協力しながらそれを形にすることは苦手」な子を育て上げる日本の教育システム・受験システムが大きく影響しているのではないかと考えられます。

ともあれ、日本がグローバルな情報化の波に乗り遅れているのは事実です。

新しい生活様式、新しい教育システム

そして、この事実はコロナによる価値観の変化・時間の使い方の変化により強烈に突き付けられ、そして遅れを取り戻して前に進んでいく必要性を生じさせています。

例えば、「テレワークを推進するためにハンコを廃止してオフィスをペーパーレス化する」です。

より情報化が進展するアフターコロナの世界では、職場が家になることが多いこともあり、他人からの指示や監視の目が無くても仕事を進められること、つまり自分で主体的に仕事に取り組むことが求められます。

また、近年のiPhoneの進化の速さからもわかる通り、技術の進化など時代の変化スピードが上がりマニュアルの価値が低下します。マニュアルの価値が低下するということは、マニュアルをこなす人間の価値も低下するということです。

その一方で、マニュアルなど存在しないまたは作成できないような仕事を、主体性を持って、自分で課題を設定し、自分で解決策を考えて、他人と協働しながらそれを実行していく人間の価値は大幅に向上します。

2021年以降の受験に求めらえる能力

残念ながら、中学受験をはじめとする現在の日本の教育システムはそういった人材を育成することに向いていません。

なぜならば、現在の日本の教育システムは工業が盛んな時代につくられたものだからです。そして、かつての日本はそのシステムで大成功を収めて高度経済成長を実現しました。

2020年現在も教育システムが工業時代と同じなのは、その成功体験を忘れられないからだと考えられます。

今の時代に合わせた教育を受けさせるようにしてあげるべきです。

また、コロナにより、

「教室での一斉授業⇒自宅でのオンライン授業」
「塾の自習室での勉強⇒自宅での勉強」

など、これまでの中学受験のシステムが変化し、より主体性や自主性が求められる形に変化しています。

主体性は大人になってから求められるものではなく、中学受験の時点で既に求められるようになるのかもしれません。

コロナ禍の中学受験を乗り切るために

そうしたなかでアレスパークが提唱したいのが、集団塾での効率のよい指導に、お子様の自主性を育成するコンセプト・発想・指導力のある個別塾を組み合わせて兼塾する中学受験です。

システムとして完成されていて効率の良い集団塾の「授業」「演習」に加えてお子様の現状と目標を一緒に分析し、一緒に計画を作成し、一緒に苦手克服や目標達成に取り組んでくれ、受験勉強に対するモチベーションを維持向上させてくれる伴走者を用意してあげるということです。

オンライン指導も含め、数多ある塾の数多いる塾講師からお子様に合った伴走者を探し、お子様専属の「コーチ」にします。

そうすると、偏差値が上がるのはもちろんのこと、自己分析ができるようになり、外部環境の分析ができるようになります。外部環境に働きかけて自分に好ましい変化を起こす影響力も身につきます。

また、先生と生徒が一緒に、つまり双方向型で学習を進めていくためコミュニケーション力が向上します。これらの結果として自主性・主体性が向上します。

つまり、中学受験で偏差値と学歴だけでなく一生モノのスキルを身につけることができるということです。

お子様をアフターコロナの世界で活躍できる人材に成長させるきっかけをもたらす、「一生モノ」の中学受験を「大手塾×個別塾」で実現しませんか。

最後に

アレスパークでは、お子様やご家庭の状況・希望に沿った塾選びのご相談を受け付けています(無料面談)。もちろん、強引なセールスをすることはありません。受験に対する些細な疑問やお悩みも、お気軽にご相談ください(無料相談)。小学生でも、中学生でも、高校生でも、「まだ塾に通っていない」「塾を探している」という方も、もちろんお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

『合格するための法則』基本の「き」

~ 都立受験対策は、いつ始めるべきか ~

 
<まずは、基本情報>

  • 都立高校受験は、2月末に行われる
  • 出題範囲は、中学3年間(+小学6年間)の範囲
  • もちろん、直前の1月、2月の学習範囲も含む

 
逆算すると、実は

↓ ↓ ↓

どんなに遅くても、中3夏休みからの計画的な学習が必要
 
 

『合格するための法則』その①

~ 夏休み前から、受験勉強を始めないといけない理由 ~

 
都立高校受験の合否は、
以下の時期をいつ迎えるかで決まります

① 問題を解けるようになる時期
② 制限時間内に、問題を解けるようになる時期
 
 
↑ ↑ ↑

実は、①②の違いで合否が分かれます
 
 
「時間があれば、解けた」

こんなセリフ、聞いたことありませんか?
 
 
具体的に、英語を例にすると

↓ ↓ ↓

① 中学範囲の英単語を覚える
② 中学範囲の文法を覚える
③ 中学範囲の文法を使った例文を暗記する(読解・英作文・リスニング対策)

過去問を解くことで、
④「長文の読み方」
⑤「設問の解き方」
⑥「英作文の書き方」をトレーニングをする
 
そして、
⑦ 制限時間内に解き終えるよう、
 スピードアップのトレーニングをする

 
 

『合格するための法則』その②

~ 合否は、スケジュール次第!? ~

 
ここまでで、ご理解いただいたかもしれません
 
志望校に、合格するためには

↓ ↓ ↓

① 問題を解けるようになる時期
② 制限時間内に、問題を解けるようになる時期
 
 
↑ ↑ ↑

②を受験日までに迎えれば良いのです
 
 
つまり、
計画性のあるスケジュールが肝要なのです

では、英語の例、①~⑦をどうこなすのか?
 
 
1工程1か月かかるとしたら…

↓ ↓ ↓

2月末の7か月前は、前年の7月末

単純計算でも、夏休みにはスタートしないと、間に合わないことになります。
 
 

『合格するための法則』その③

~ 合格に必要な情報の整理 ~

 
高校受験に失敗しないためには、
以下のポイントをおさえることが重要です。

① 志望校の決め方
② 私立併願校の選び方
③ 各教科の傾向と対策
④ 内申点向上の対策
⑤ 模試の効果的な受け方
 
 
今回の個別説明会では

↓ ↓ ↓

あなたまたはお子様の志望校合格に必要な受験対策全般について、個別具体的にお伝えさせていただきます
 
 
そのため、
申込順での個別説明会となります
 
※ぜひ、お早めにお申し込みください。
 

お申し込みはこちら

 
 

最後に

中学3年生は、入試対策だけをしていれば良いというわけではありません。中間テストや期末テストにも膨大な時間が割かれることなります。実際には、その分も前倒しして受験対策を始めなければいけません。それだけでなく、学校行事やご家庭の用事等もあります。上記では、受験勉強は7月末から、と英語を例に書きましたが、実際には、5教科全てを計画的に進めていかなければいけません。
 
本個別説明会では、各教科の対策とそれぞれにかけるべき時期や、受験を乗り越えるためのコツ、お勧めの勉強法や教材もお伝えさせていただきます。

 
ぜひ、この機会をご利用ください。