天使なんかじゃない


 
教室長の井口です。

2019年10月に文部科学省が公開した、「2018年度におけるいじめ認知件数」は54万3,933件で、これは過去最高記録だそうです。前年度と比較すると12万9,555件の増加になります。

今からおよそ230年前、フランス人権宣言において、「全ての人間は自由かつ平等であり、尊重されなければならない存在である」というイデオロギーが個人や民衆レベルを超えて、国家によって承認されました。その後、その価値観は世界中に拡散し、共有され、例えばアメリカ合衆国における南北戦争後の奴隷解放、世界大戦への反省から国際連合の発足、そして人種差別撤廃条約の締結などへと連なっていき、その結果、世界的に共有されている倫理観は少しずつではありますが、着実に改善されてきていると思います。

数百年という長い目で見れば、人類が起こす戦争や紛争、弾圧と虐殺はその数を減らし、一見すると、人類は穏やかで思慮深い生き物に進化しているように見えます。ですが、ここ日本におけるいじめの件数は減るどころか増えています。特に「生徒間暴力」については前年度よりも1万件程増えているのです。これは一体どういうことなのでしょうか。

この問題の解決・予防法のために日本でよく用いられる道徳的手法は、「いじめられることがいかにツライことなのか」「いじめるということがいかに愚かしく残酷なことなのか」ということをあらゆる角度から描写し、説き伏せ、ときには子どもたちに議論させる(が、基本答えは1つしか許されない空気感)というのがあります。

この考え方の根底にあるのは、「いじめる人間は愚かで残酷な性質がある」「いじめをしない人間(もしくは庇ったり仲裁する人間)は賢明で情け深い性質がある」という分断的な発想です。教師を始め、いじめに関与しなかった、もしくはいじめられる側の味方についた生徒は自身を後者に位置づけ、いじめた人間を、まるで悪魔か、別次元の生き物のように見ます。

ただ、その発想そのものが、本当の意味で「いじめと向き合うこと」を遠ざけている気がしてならないのです。人間には賢明で情け深い性質は確かにあるとは思いますが、それと同じかそれ以上の愚かさと残酷性を持っていると私は思います。私たちが人間として生きている以上、その性質からは逃れられはしないのです。そうでなければ、グロテスクで残酷な映画が人気を博してしまうことの説明がつきません。いじめとは、単純に言ってしまえば「楽しいこと」なのです。

いじめる側は、ただ「楽しいから」やっているのです。そしてそれは、誰しもが持ち得る快楽だという事実から、いい加減目を背けるべきではないと思います。
アルコール依存症回復者の自助グループ『アルコホリークス・アノニマス』で、100年近く受け継がれている、依存症回復のための12のステップがあります。そのステップ1は、「私達はアルコールに対して無力であり、生きていくことがどうにもならなくなったことを認めた」というものです。

東京大学先端科学技術センターで「当事者研究」を実践する熊谷晋一郎准教授によると、このステップ1で促されていることは、能動や受動の枠組みを超えて、自身の有り様を叙述で表現することなのだそうです。

アルコールに依存することを、自分の責任としてではなく、誰かの責任とするのでもなく、ただもうそこにあって抗いようがなかったのだと認める、というフェーズが、依存症回復の最初のステップなのだと私は解釈しました。

これはいじめの問題にも通じるところがある気がします。加害児童だけでなく、その場にいる全ての人間には愚かで残酷な性質があるということを、まずは各々が認めるということから始める…そしてその抗いがたい性質とどう向き合い、どう付き合っていくべきなのかをみんなで議論する…(この答えは1つではないので、議論の余地が大いにあります)

私たちは天使なんかじゃない。かといって悪魔でもない。いずれも愚かさと賢明さの狭間で、残酷さと慈悲深さを持て余している人間である、ということを忘れてはいけないと思います。

 
 


 

 

『合格するための法則』基本の「き」

~ 都立受験対策は、いつ始めるべきか ~

 
<まずは、基本情報>

  • 都立高校受験は、2月末に行われる
  • 出題範囲は、中学3年間(+小学6年間)の範囲
  • もちろん、直前の1月、2月の学習範囲も含む

 
逆算すると、実は

↓ ↓ ↓

どんなに遅くても、中3夏休みからの計画的な学習が必要
 
 

『合格するための法則』その①

~ 夏休み前から、受験勉強を始めないといけない理由 ~

 
都立高校受験の合否は、
以下の時期をいつ迎えるかで決まります

① 問題を解けるようになる時期
② 制限時間内に、問題を解けるようになる時期
 
 
↑ ↑ ↑

実は、①②の違いで合否が分かれます
 
 
「時間があれば、解けた」

こんなセリフ、聞いたことありませんか?
 
 
具体的に、英語を例にすると

↓ ↓ ↓

① 中学範囲の英単語を覚える
② 中学範囲の文法を覚える
③ 中学範囲の文法を使った例文を暗記する(読解・英作文・リスニング対策)

過去問を解くことで、
④「長文の読み方」
⑤「設問の解き方」
⑥「英作文の書き方」をトレーニングをする
 
そして、
⑦ 制限時間内に解き終えるよう、
 スピードアップのトレーニングをする

 
 

『合格するための法則』その②

~ 合否は、スケジュール次第!? ~

 
ここまでで、ご理解いただいたかもしれません
 
志望校に、合格するためには

↓ ↓ ↓

① 問題を解けるようになる時期
② 制限時間内に、問題を解けるようになる時期
 
 
↑ ↑ ↑

②を受験日までに迎えれば良いのです
 
 
つまり、
計画性のあるスケジュールが肝要なのです

では、英語の例、①~⑦をどうこなすのか?
 
 
1工程1か月かかるとしたら…

↓ ↓ ↓

2月末の7か月前は、前年の7月末

単純計算でも、夏休みにはスタートしないと、間に合わないことになります。
 
 

『合格するための法則』その③

~ 合格に必要な情報の整理 ~

 
高校受験に失敗しないためには、
以下のポイントをおさえることが重要です。

① 志望校の決め方
② 私立併願校の選び方
③ 各教科の傾向と対策
④ 内申点向上の対策
⑤ 模試の効果的な受け方
 
 
今回の個別説明会では

↓ ↓ ↓

あなたまたはお子様の志望校合格に必要な受験対策全般について、個別具体的にお伝えさせていただきます
 
 
そのため、
申込順での個別説明会となります
 
※ぜひ、お早めにお申し込みください。
 

お申し込みはこちら

 
 

最後に

中学3年生は、入試対策だけをしていれば良いというわけではありません。中間テストや期末テストにも膨大な時間が割かれることなります。実際には、その分も前倒しして受験対策を始めなければいけません。それだけでなく、学校行事やご家庭の用事等もあります。上記では、受験勉強は7月末から、と英語を例に書きましたが、実際には、5教科全てを計画的に進めていかなければいけません。
 
本個別説明会では、各教科の対策とそれぞれにかけるべき時期や、受験を乗り越えるためのコツ、お勧めの勉強法や教材もお伝えさせていただきます。

 
ぜひ、この機会をご利用ください。