代名詞と敬称


 
教室長の井口です。

スウェーデン語の辞書に女性、男性を区別しない代名詞「hen」が加えられたのは2012年のこと。それまでは男性を指す「han」、女性を指す「hon」の2つだったようですが、この「hen」が加えられたことで、現在スウェーデン語の話者の多くが、例えば性別のはっきりしない棒人間のイラストに対して「hen」と使うようになったのだとか。

日本語では、男性を「彼」、女性を「彼女」という代名詞に置き換えますが、スウェーデン語の「hen」ようなノンバイナリーな代名詞は、今のところまだありません。英語もそうですね。個人単体を指す場合、「she」か「he」のどちらかです。

LGBT総合研究所の調査によると、2019年時点で、性自認のマイノリティーの割合は6.1%で、これは学校のクラス内に1~2人は在籍しているという割合になります。もしかしたら、それ以上かもしれません。

日本語の「くん」と「さん」については、特に未成年に対して用いる場合、日本語話者の多くは、慣習的に男女で区分けして用いていますね。ただ、これは今となっては、ある種の『因習』といっても良いのかもしれません。担任の先生が、「男の子」に対して「くん」、「女の子」に対して「さん」と使い分けている場合、性自認のマイノリティーに属するお子さんはそれをどのように受け止めるでしょうか。それは想像に難くないと思います。

しかし、それを想像してもなお、言葉の問題が立ちふさがります。少年期の子どもたちを、敬意を込めて呼ぶとき、どんな敬称がふさわしいのか。「くん」「さん」に含意されている因習的なニュアンスは、まだまだ拭い去れないものがあります。性自認のマイノリティーは一見すると見分けが付き難いので、何も考えずに「くん」「さん」を使っていると、知らないうちにその子のアイデンティティを踏みつけている可能性があります。

言葉は人類が生みだした最も古いテクノロジーの1つです。価値観がテクノロジーの後追いで変容していくとするなら、この課題についても言葉というテクノロジーを進化させていくことで対処できるのではないかと思っています。

性的マイノリティーの存在がようやく認知されるようになった現代、日本語はもうそろそろ1ステップ進んで、そのような多様性を包み込む言語へと進化してもいいんじゃないでしょうか。

 
 


 

 

『合格するための法則』基本の「き」

~ 都立受験対策は、いつ始めるべきか ~

 
<まずは、基本情報>

  • 都立高校受験は、2月末に行われる
  • 出題範囲は、中学3年間(+小学6年間)の範囲
  • もちろん、直前の1月、2月の学習範囲も含む

 
逆算すると、実は

↓ ↓ ↓

どんなに遅くても、中3夏休みからの計画的な学習が必要
 
 

『合格するための法則』その①

~ 夏休み前から、受験勉強を始めないといけない理由 ~

 
都立高校受験の合否は、
以下の時期をいつ迎えるかで決まります

① 問題を解けるようになる時期
② 制限時間内に、問題を解けるようになる時期
 
 
↑ ↑ ↑

実は、①②の違いで合否が分かれます
 
 
「時間があれば、解けた」

こんなセリフ、聞いたことありませんか?
 
 
具体的に、英語を例にすると

↓ ↓ ↓

① 中学範囲の英単語を覚える
② 中学範囲の文法を覚える
③ 中学範囲の文法を使った例文を暗記する(読解・英作文・リスニング対策)

過去問を解くことで、
④「長文の読み方」
⑤「設問の解き方」
⑥「英作文の書き方」をトレーニングをする
 
そして、
⑦ 制限時間内に解き終えるよう、
 スピードアップのトレーニングをする

 
 

『合格するための法則』その②

~ 合否は、スケジュール次第!? ~

 
ここまでで、ご理解いただいたかもしれません
 
志望校に、合格するためには

↓ ↓ ↓

① 問題を解けるようになる時期
② 制限時間内に、問題を解けるようになる時期
 
 
↑ ↑ ↑

②を受験日までに迎えれば良いのです
 
 
つまり、
計画性のあるスケジュールが肝要なのです

では、英語の例、①~⑦をどうこなすのか?
 
 
1工程1か月かかるとしたら…

↓ ↓ ↓

2月末の7か月前は、前年の7月末

単純計算でも、夏休みにはスタートしないと、間に合わないことになります。
 
 

『合格するための法則』その③

~ 合格に必要な情報の整理 ~

 
高校受験に失敗しないためには、
以下のポイントをおさえることが重要です。

① 志望校の決め方
② 私立併願校の選び方
③ 各教科の傾向と対策
④ 内申点向上の対策
⑤ 模試の効果的な受け方
 
 
今回の個別説明会では

↓ ↓ ↓

あなたまたはお子様の志望校合格に必要な受験対策全般について、個別具体的にお伝えさせていただきます
 
 
そのため、
申込順での個別説明会となります
 
※ぜひ、お早めにお申し込みください。
 

お申し込みはこちら

 
 

最後に

中学3年生は、入試対策だけをしていれば良いというわけではありません。中間テストや期末テストにも膨大な時間が割かれることなります。実際には、その分も前倒しして受験対策を始めなければいけません。それだけでなく、学校行事やご家庭の用事等もあります。上記では、受験勉強は7月末から、と英語を例に書きましたが、実際には、5教科全てを計画的に進めていかなければいけません。
 
本個別説明会では、各教科の対策とそれぞれにかけるべき時期や、受験を乗り越えるためのコツ、お勧めの勉強法や教材もお伝えさせていただきます。

 
ぜひ、この機会をご利用ください。