中学生・都立入試対策シリーズ・社会「長崎県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。

 

高校受験にでる「長崎県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[長崎県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、長崎県の特徴を確認します。

 

自然

 

  • 長い海岸線:47都道府県で2番目に海岸線が長いです。海岸線が多くの半島、岬と湾、入り江から形成されていて、とても複雑になっています。
  • 雲仙岳(普賢岳):1991年の噴火で火砕流が発生して大きな被害を出しました。
  • 火砕流:数百度以上のマグマなどが時速100キロメートル以上の速さで大量に流れてくる現象のことです。
  • 平地が少ないです。

 

第一次産業(農業)

 

  • 果樹栽培:長崎県は平地が少ない(=山が多い)ため、その斜面を活かして果樹栽培が盛んにおこなわれています。びわやみかんの栽培が有名です。
  • びわの栽培:びわの生産が盛んで、全国で一番の生産量です。(2017年)
  • 漁業:東シナ海での沖合漁業が盛んです。海面漁業漁獲量では日本で2番目の多さです。(2017年)ちなみに1位は北海道です。
  • 海面漁業:海で行う漁業全般を指します。対義語は内水面漁業(川・湖などで行う漁業)です。

 

第二次産業(工業)

 

  • 造船業:明治時代から造船業が盛んです。現在は韓国などの造船業におされ気味です。

 

歴史

 

  • 江戸時代:出島は外国との貿易の窓口でした。オランダ・清(中国)との貿易が行われていました。また、対馬では朝鮮と日本(江戸幕府)との貿易が行われていました。
  • 江戸時代:キリシタンへの弾圧・処罰や農民への過酷な年貢の取り立てなどが原因で島原の乱が発生しました。キリシタンの天草四郎がリーダーでした。
  • 江戸時代(幕末):日米修好通商条約にて、五つの開港地のうちの1つとなりました。
    ちなみに残りの4つは神奈川(横浜)・函館・新潟・兵庫です。
    日米修好通商条約:1858年に日本とアメリカ合衆国とが締結した条約です。貿易をおこなうことなどを定めた条約です。
  • 第二次世界大戦期:1945年8月9日に原子爆弾が長崎に投下されて大きな被害を受けました。

 
 
長崎は歴史関連の出題が多いのが特徴ですね。
 
 
大問3以外に、大問1や大問4の歴史関連で出題される可能性があります。
注意しておきましょう。
 
 
雲仙岳(普賢岳)の出題がやや目立ちますが、それ以外には「これ」といった頻出項目があるわけではありません。

したがって、覚えておきたい項目が多くなってしまいます。

都立高校受験対策上は「厄介」な県ですね。

 
 
以上、『高校受験にでる「長崎県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。

 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。



【光が丘】の豆知識

光が丘に関する情報

光が丘は、練馬区北部に位置する新興住宅地と公園の総称です。

多くの団地が建ち並び、中心部には光が丘駅、ショッピングセンターIMAがあります。

団地内に多くの公園が点在し、光が丘駅北側には都立光が丘公園が位置します。

光が丘公園は都内でも有数の面積を持ち、公園中に図書館、体育館、テニスコート、野球場を備えるなど人々の憩いの場となっています。

都営地下鉄大江戸線が全線開通してからは新宿・青山・六本木・汐留・大門などの都心部へも電車一本で行けるようになりました。

南北方向に長大な区域のため、居住区域によって利用可能な駅は異なります。

光が丘駅を中心に、大江戸線の練馬春日町駅、東武東上線の成増駅・下赤塚駅、東京地下鉄有楽町線・副都心線の地下鉄成増駅・地下鉄赤塚駅・平和台駅、西武池袋線の練馬高野台駅が徒歩・バス等で利用可能です。

また、国際興業バス練馬営業所が光が丘駅より平和台駅経由池袋駅東口行のバスを運行しており、池袋駅およびその先の副都心エリアへは必ず乗換を伴う事から、それらを嫌う住民が多く利用しています。

埼玉県との境界が近く、いずれも光が丘に接してはいないものの付近には主要幹線道路が複数あります。

北側に川越街道、西側に笹目通り、南側に目白通り、南東方向に環八通りがあります。

また、環七通り、関越自動車道練馬IC・東京外環自動車道大泉JCT、新大宮バイパスが比較的近いです。

交通の面で現在は鉄道、道路共に比較的便利な街でありますが、1990年頃までは都営大江戸線、西武池袋線練馬高野台駅が存在せず、また道路も東京外環自動車道全線と環八通りの一部区間が未開通で、さらに環八通りは井荻トンネルも未完成で西武新宿線との交差で常に大渋滞が起こり、便利とは言い難い状況でした。