中学生・都立入試対策シリーズ・社会「宮城県」

[contact-form-7 404 "Not Found"]
 

高校受験にでる「宮城県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 
[contact-form-7 404 "Not Found"]

3分で覚える[宮城県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、宮城県の特徴を確認します。

 

気候

  • 夏に降水量が多い。
    理由:夏に南東から湿った季節風が吹くから。

 

自然

  • 宮城県北東部の三陸海岸はリアス式海岸となっています。
  • リアス式海岸:入り江と岬が複雑に入り組んでいる海岸線(ギザギザしているところ)です。
  • 宮城県と山形県との県境には奥羽山脈があります。
  • 奥羽山脈:青森県から福島県まで、東北地方の中央部をタテに連なっている山脈。長さはおよそ500キロメートル。日本で一番長さの長い山脈である。

 

第一次産業(農業)

  • 宮城県ではわかめ、牡蠣(かき)などの養殖が盛んです。
  • 理由:リアス式海岸の湾内では一年を通して波が低く穏やかです。したがって、養殖場をつくるのに適した環境となっています。波が荒れて養殖用の施設が壊れたり流されたりすることが少ないからです。
  • 養殖業:「卵→稚魚→成長した魚(成魚)→漁獲」までのすべての段階を人間の管理下で人工的に行う漁業です。
  • 宮城県には多くの漁港があり、漁業が盛んである。
    理由:宮城県の沖合には潮目があるから。
    潮目:東北地方の太平洋側にある、暖流の黒潮(日本海流)と寒流の親潮(千島海流)が出会う場所。両方の海流にのって多くの魚が集まる好漁場となる
  • 宮城県では稲作が盛ん。全国でも有数の米の産地である。「稲作地帯」は「米どころ」「水田単作地帯」「穀倉地帯」などの呼び名があります。

 

仙台市

  • 仙台市は伊達氏(だてし)の城下町として発展した。江戸時代から植林が盛んで、木が多いことから杜の都(もりのみやこ)という愛称がある。
  • 仙台市は東北地方の地方中枢都市である。
  • 地方中枢都市:それぞれの地方の中心的な都市。中央官庁の出先機関や大企業の支店が集中する。
     
    北海道地方―札幌市(北海道)
    東北地方―仙台市(宮城県)
    中国地方―広島市(広島県)
    九州地方―福岡市(福岡県)
     
    があります。関東・中部・近畿は「地方」ではなく「大都市圏」なので地方中枢都市はありません。(それぞれ、東京・名古屋・大阪がありますね。)
  • 仙台市は人口百万人を超える政令指定都市である。
  • 政令指定都市:全国に20市が指定されている。指定するのは内閣。
    「政令」とは、内閣が制定する命令のことである(公民分野の知識)
    人口が50万人以上であることが政令指定都市に指定されるための条件である。
    政令指定都市に指定されると、都道府県と同等の権限を持つことができる。
  • 仙台市には新幹線が通っている。仙台と東京は短時間で移動が可能である。

 

第三次産業(サービス業)

  • 仙台七夕まつり:宮城県仙台市で毎年8月に開催されている夏祭り。東北三大夏祭りの一つ。毎年200万人以上の観光客が訪れる。

 
 
宮城県に関しては、

①リアス式海岸

②稲作

③仙台市関連

をまず覚えましょう。

 
 
以上、『高校受験にでる「宮城県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]