中学生・都立入試対策シリーズ・社会「岩手県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「岩手県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[岩手県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、岩手県の特徴を確認します。
 
 
日本で二番目に面積が広い都道府県である。

 

気候

  • 夏には「やませ」と呼ばれる冷たい北東からの風が吹く。
    この風は稲の生育が悪くなる冷害の被害をもたらることがある。

 

自然

  • 岩手県の中央部には北上盆地という南北に細長い盆地広がっている。
  • 岩手県南東部の海岸はリアス式海岸となっている。
    リアス式海岸:入り江と岬が複雑に入り組んでいる海岸線(ギザギザしているところ)です。
  • 岩手県西部には奥羽山脈がある。
    奥羽山脈:青森県から福島県まで、東北地方の中央部をタテに連なっている山脈。長さはおよそ500キロメートル。日本で一番長さの長い山脈である。

 

第一次産業(農業)

  • 稲作が盛ん。
  • 畜産が盛ん。特に山間部では小岩井農場などで酪農が盛ん
  • 酪農:畜産の一種。牛やヤギなどを飼育して乳や乳製品を生産すること。
  • 岩手県ではわかめ、牡蠣(かき)などの養殖が盛んです。
    理由:リアス式海岸の湾内では一年を通して波が低く穏やかです。したがって、養殖場をつくるのに適した環境となっています。波が荒れて養殖用の施設が壊れたり流されたりすることが少ないからです。
  • 養殖業:「卵→稚魚→成長した魚(成魚)→漁獲」までのすべての段階を人間の管理下で人工的に行う漁業です。
  • 岩手県には多くの漁港があり、漁業が盛んである。
    理由:岩手県の沖合には潮目があるから。
  • 潮目:東北地方の太平洋側にある、暖流の黒潮(日本海流)と寒流の親潮(千島海流)が出会う場所。両方の海流にのって多くの魚が集まる好漁場となる

 

第二次産業(工業)

  • 岩手県で産出する鉄鉱石を活用し、江戸時代から製鉄業が盛んであった。
    南部鉄器:岩手県で生産されている伝統工芸品
    伝統工芸品:工程が手作業で、決まった地域において江戸時代以前の昔から伝わる技術でつくられている条件を満たした工芸品。
  • 現在は東北自動車道のインターチェンジ沿いにIC(集積回路)など電子部品の工場や自動車の工場がみられる。

 

歴史

  • 平安時代(武士):奥州藤原氏平泉中尊寺金色堂を建立した。
    奥州藤原氏:11世紀~12世紀の平安時代(武士)の頃に東北地方を支配した一族。
    平泉:現在の岩手県南西部にある地名。5件の世界遺産がある。
    中尊寺金色堂:奥州藤原氏が平泉に建立したお寺の仏堂。世界遺産に登録されている。

 
 
岩手県については、まず

①リアス式海岸

②やませ

③奥州藤原氏

の三つをまずは覚えてください。

 
 
以上、『高校受験にでる「岩手県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。



【月島】の豆知識

月島に関する情報

1892年(明治25年)の「東京湾澪浚(みおさらい)計画」に基づき、東京湾から浚渫した土砂を利用して埋め立てられ、月島1号地(現在の月島一丁目から月島四丁目まで)として完成しました。

埋立当時の月島は、工業用地とされ、運河に面した土地には工場や倉庫が多く造られました。

比較的古い時代の埋立地なので、裏通りには木造住宅が密集したエリアがあり、狭い路地などもあります。

1988年(昭和63年)東京メトロ有楽町線月島駅開業。

2000年(平成12年)都営地下鉄大江戸線月島駅開業。

近年は高層住宅の建設が盛んに行われています。