中学生・都立入試対策シリーズ・社会「青森県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「青森県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[青森県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、青森県の特徴を確認します。
 
 

気候

  • 青森県の日本海側冬に降雪量が多い。
    理由(シンプルバージョン):湿った北西の季節風が吹くから。
    理由(詳細):日本海側には冬は北西からの季節風が吹いています。この風は日本海を越えるときに水分を吸い込みます。湿った風となるのです。そして、日本海沿岸部に到達した際に吸い込んだ水分を地上に降らせます。季節が冬なので、雨ではなく雪として降ります。
    こうした理由で、冬の日本海側では降雪が多くなります。この事実は、青森県日本海側だけでなく北陸地方の各県、新潟県、山形県、秋田県、京都府北部、島根県、鳥取県など日本海沿岸部について当てはまることなので出題されやすいです。必ず覚えておいてください。
  • 青森県の太平洋側夏に降水量が多い。
    降水量が多い理由:夏に南東から湿った季節風が吹くから。

 

自然

  • 青森県の中央部には奥羽山脈がある。
    奥羽山脈:青森県から福島県まで、東北地方の中央部をタテに連なっている山脈。長さはおよそ500キロメートル。日本で一番長さの長い山脈である。
  • 青森県南西部には白神山地がある。
    白神山地:世界遺産に登録されている山地。世界最大級のブナの天然林(原生林)がある。
    青森県と秋田県の県境となっている。
  • 北部に2つの半島がある。津軽半島と下北半島。

 

第一次産業(農業)

  • 果樹栽培が盛んであり、特にりんごの生産が盛んである。
  • 稲作が盛んである。(岩手県と同様、「やませ」の影響を受けて冷害になることもある。)
  • にんにくの生産が盛んである。
  • 青森県では漁業が盛んである。
    理由:青森県の太平洋側の沖合には潮目があるから。
    潮目:東北地方の太平洋側にある、暖流の黒潮(日本海流)と寒流の親潮(千島海流)が出会う場所。両方の海流にのって多くの魚が集まる好漁場となる
  • 波が穏やかな湾内では帆立貝の養殖が盛んである。
    理由:湾内では一年を通して波が低く穏やかです。したがって、養殖場をつくるのに適した環境となっています。波が荒れて養殖用の施設が壊れたり流されたりすることが少ないからです。
  • 養殖業:「卵→稚魚→成長した魚(成魚)→漁獲」までのすべての段階を人間の管理下で人工的に行う漁業です。
  • 八戸港ではイカの水揚げ量が多い。

 

第三次産業(サービス業)

  • 毎年8月には東北三大夏祭りの1つ、青森ねぶた祭りが開催される。 

歴史

  • 縄文時代:山内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)があった。
  • 2010年代:2010年に東北新幹線が全線開通した。

 
 

青森県は、まず

①白神山地

②りんご

③帆立貝

をまずは覚えておきましょう。

 
 
以上、『高校受験にでる「青森県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。



【祐天寺】の豆知識

祐天寺に関する情報

祐天寺(ゆうてんじ)は、東京都目黒区中目黒五丁目にある浄土宗の寺院です。

山号は明顕山。

本尊は祐天上人像(本堂安置)と阿弥陀如来坐像(寄木造、阿弥陀堂安置)。

現在の本堂は、元々は常念仏堂として建立された堂宇を再建したものです。

享保3年の春ごろから増上寺36世住持の祐天の体調が悪化したため、弟子の祐海は祐天が常念仏を行える廟所を探します。

しかし、同年7月15日(1718年8月11日)に祐天が亡くなりました。

祐天が廟所を目黒の地に建立する事を望んでいたこともあり、祐海は同じ目黒にある善久院を百両で購入し住職となりました。

損傷の激しい善久院に祐天の廟所と常念仏堂を建立再興しました。

享保8年(1723年)1月13日、祐天寺の寺号が正式に許可されました。

祐天を開山とし、祐海は第2世となりました。

境内に柳原愛子(大正天皇の生母)の墓があります。