中学生・都立入試対策シリーズ・社会「北海道」

[contact-form-7 404 "Not Found"]
 

高校受験にでる「北海道」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 
[contact-form-7 404 "Not Found"]

3分で覚える[北海道] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、北海道の特徴を確認します。
 
 

  • 北海道の面積は全国で最も広い。

 

気候

  • 冷帯に属していて、冷涼な気候となっている。夏は涼しく、冬は長く寒さが厳しい。
  • 北海道には梅雨の影響がない。

 

自然

  • オホーツク海沿岸の知床(しれとこ)には流氷が接岸する。
  • 北海道には火山が多い。活火山が18山あり、そのなかでも特に活動が活発なランクAとされる火山が4つある。
  • 活火山:過去1万年以内に噴火したことがある火山のこと。
  • 北海道には、火山噴火の影響で湖が多い。また、火山の影響で温泉が多い
  • 太平洋側の沿岸部では春から夏にかけて濃霧が発生しやすい
  • 釧路湿原:特に濃霧が発生することで有名な場所。タンチョウの繁殖地であることから、ラムサール条約で保護されている。

 

第一次産業(農業)

  • 北海道は農業産出額が全国1位
  • 北海道東部:根釧台地(こんせんだいち)などで酪農が盛んである。
  • 酪農:畜産の一種。牛やヤギなどを飼育して乳や乳製品を生産すること。
  • 十勝平野などでは畑作が盛ん。じゃがいもや小麦、大豆などの生産が特に盛んである。
  • 北海道西部:石狩平野には泥炭地が広がっていただが、客土により稲作が盛んな地域となった。
    泥炭地:農業に不向きな湿地。
    客土:ほかの土地から性質の異なる土を運んでくること。
  • 広い土地を活かし、農家一戸当たりの経営規模が大きい。
    農家一戸あたりの耕地面積が多い。
  • 北海道は漁業産出額が全国1位。特に、サケやウニの水揚げ量が多い。
    釧路港(くしろこう):北洋漁業の基地である。
    北洋漁業:日本の漁船が太平洋北部やベーリング海、オホーツク海で行う漁業のこと。

 

第二次産業(工業)

  • 北海道の豊富な農産物を活かした食料品工業(食品加工業)が盛んである。
    例:ビール、乳製品
  • 苫小牧市(とまこまいし)では製紙・パルプ工業が盛んである。 

第三次産業(サービス業)

  • 観光業が盛んで、毎年多くの観光客が北海道を訪れる。
    外国からもスキー客が訪れるようになった。
    毎年2月に雪まつりが開催される。様々な雪像が制作され、展示されている。
  • 札幌市は北海道地方の地方中枢都市である。
    地方中枢都市:それぞれの地方の中心的な都市。中央官庁の出先機関や大企業の支店が集中する。
    北海道地方―札幌市(北海道)
    東北地方―仙台市(宮城県)
    中国地方―広島市(広島県)
    九州地方―福岡市(福岡県)
    があります。
    関東・中部・近畿は「地方」ではなく「大都市圏」なので地方中枢都市はありません。
    (それぞれ、東京・名古屋・大阪がありますね。)
  • ロシアとのあいだで北方領土問題が発生している。

 

歴史

  • 先住民族・アイヌ民族が暮らしている。
  • 江戸時代まで、北海道は蝦夷地(えぞち)と呼ばれていた。
  • 江戸時代:松前藩(まつまえはん)がおかれた。
  • 幕末:日米和親条約・日米修好通商条約で函館が開港された。
  • 明治時代:北海道の開拓と警備のために開拓使が置かれた。屯田兵により開拓が進められた。
  • 高度経済成長期:1972年に札幌オリンピック
  • 2000年代:2008年に北海道で洞爺湖サミット(主要国首脳会議)が開催された。
  • 2010年代:2016年に北海道新幹線が開業した。

 
 
北海道は暗記事項が多いですね。

①開拓使

②冷帯

③アイヌ

④食料品工業

⑤酪農

が特に頻出です。

まずはここから覚えてください。

 
 
以上、『高校受験にでる「北海道」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]