中学生・都立入試対策シリーズ・社会「群馬県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「群馬県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[群馬県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、群馬県の特徴を確認します。

 

気候

  • 群馬県の高原地帯の気候:①夏も涼しい降水量が少ない③夏と冬の気温差が大きい
    冬は乾燥して晴天の日が続くことが多い
  • 夏も涼しい気候である理由:標高が高い地域が多いから。
    標高が高いと気温が下がる理由:太陽光は空気ではなく地面を直接暖めている。そのあと地面が空気を暖める。よって、標高の低い場所ほど高温・標高の高い場所ほど低温となる。
  • 降水量が少ない理由:群馬県は海岸から遠く離れた内陸部に位置しているから。
  • 冬に乾燥している理由:冬に大陸のある北西から吹く季節風が、新潟県など日本海側に大雪を降らした後、群馬県側には水分を失って乾いた状態で吹き荒れるから。
  • 群馬県では、冬にからっ風が吹く
    からっ風:冬の関東地方に吹く、冷たく乾燥した北西の季節風。冬の北西の季節風が越後山脈を越えるときに乾燥した風となって群馬県に吹き付ける。
    防風林:群馬県には、からっ風を防ぐために周りを防風林で囲んだ住居がみられる。

 

自然

    群馬県の中央部を利根川が流れている。

  • 利根川:日本一流域面積の大きい川。茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都などを流れている。
  • 流域面積:ある川に対して、その川に地表に降った雨や雪が流れ込む範囲のこと。

 

第一次産業(農業)

  • 浅間山の近くになる群馬県嬬恋村(つまごいむら)などではキャベツ・レタスなど高原野菜の抑制栽培が盛ん。
  • 浅間山:長野県と群馬県の県境にある火山。江戸時代(改革期)には大噴火をおこし、1,000人以上の犠牲者が出たとされる。
  • 抑制栽培:農作物を他の地域よりも遅い時期に栽培・出荷する農業。他の地域が収穫していない=出荷できない時期に出荷することで高い値段で作物を販売することができるというメリットがある。
  • 高原野菜:標高1000m~1200mの高原で栽培される野菜。キャベツ・白菜・レタスなどがある。夏でも涼しい気候を活かした抑制栽培でつくられる。群馬県嬬恋村や長野県野辺山原(のべやまはら)が有名である。
  • 第二次世界大戦前は養蚕が盛んだった。
  • 養蚕:繭(まゆ)をとる目的で蚕(かいこ)を飼育すること。繭からとった糸は絹織物などの原料になります。
  • 絹(きぬ):蚕の繭からとった動物繊維。絹て織った織物(絹織物)はしなかやで強く美しい光沢。繊維のなかでも最も高級なものとされる。
  • 蚕:チョウ目・カイコガ科に属する昆虫。家畜化された昆虫で、野生には生息していない。

 

第二次産業(工業)

  • 群馬県は北関東工業地域に含まれる。
  • 北関東工業地域:群馬県・栃木県・茨城県にまたがる工業地域。高速道路が整備され、工業用に活用できる土地が多かったことで発展した。電気機械や自動車の組み立て、自動車の部品の生産などが盛んである。工場は高速道路のインターチェンジの近くに多い
  • 戦前(第二次世界大戦前)は製糸業が盛んだった。
  • 製糸業:蚕から絹織物の原材料となる生糸(きいと)を生産する産業。

 

第三次産業(サービス業)

  • 群馬県には、温泉で有名な観光地が多い。例:草津、伊香保。

 

歴史