中学生・都立入試対策シリーズ・社会「栃木県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「栃木県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[栃木県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、栃木県の特徴を確認します。

 

気候

  • 栃木県の気候:①夏も涼しい降水量が少ない③夏と冬の気温差が大きい
    冬は乾燥して晴天の日が続くことが多い
  • 夏も涼しい気候である理由:山が多く、標高が高い地域が多いから。
    標高が高いと気温が下がる理由:太陽光は空気ではなく地面を直接暖めている。そのあと地面が空気を暖める。よって、標高の低い場所ほど高温・標高の高い場所ほど低温となる。
  • 降水量が少ない理由:栃木県は海岸から遠く離れた内陸部に位置しているから。
  • 冬に乾燥している理由:冬に大陸のある北西から吹く季節風が、新潟県など日本海側に大雪を降らした後、栃木県側には水分を失って乾いた状態で吹き荒れるから。

 

自然

  • 栃木県内を流れる川は、利根川に合流する。
  • 利根川:日本一流域面積の大きい川。茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都などを流れている。
  • 流域面積:ある川に対して、その川に地表に降った雨や雪が流れ込む範囲のこと。

 

第一次産業(農業)

    栃木県の那須高原では酪農が盛んである。

  • 酪農:畜産の一種。牛やヤギなどを飼育して乳や乳製品を生産すること。
  • 那須高原:東京からのアクセスの良いリゾート地として人気の高原。温泉やハイキングなどが有名である。
    いちごの栽培が盛ん。生産量日本一。「とちおとめ」という品種が有名。
    かんぴょうの栽培が盛ん。日本のかんぴょうの98%は栃木県産である。
    かんぴょう:ユウガオの果実を乾燥させたもの。お寿司のかんぴょう巻きやロールキャベツを結ぶときに使われる食材。

 

第二次産業(工業)

  • 栃木県は北関東工業地域に含まれる。
  • 北関東工業地域:群馬県・栃木県・茨城県にまたがる工業地域。高速道路が整備され、工業用に活用できる土地が多かったことで発展した。電気機械や自動車の組み立て、自動車の部品の生産などが盛んである。工場は高速道路のインターチェンジの近くに多い

 

歴史

  • 江戸時代(初期):日光東照宮が造営された。
    日光東照宮:徳川家光が、祖父である徳川家康をまつって大規模な改修工事を行った神社。世界文化遺産に登録されている。「見ざる聞かざる言わざる」の三猿が有名。
  • 日清戦争・日露戦争期:栃木県の足尾銅山で足尾銅山鉱毒事件が発生した。
    足尾銅山鉱毒事件:足尾銅山の廃水が渡良瀬川(わたらせがわ)周辺に流れ、流域では農作物が枯れるなどの被害がでた。衆議院議員・田中正造は解決を目指して活動したが、政府は十分な対策をとらなかった。日本の公害問題の「元祖」とされている。

 
 
栃木県は、まずは
 
①足尾銅山鉱毒事件
 
②日光東照宮
 
③山がちな地形であること
 
を覚えてください。

 
 
以上、『高校受験にでる「栃木県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。



【糀谷】の豆知識

糀谷に関する情報

糀谷(こうじや)はかつて東京市蒲田区の西部にあった地名です。

現在は、東糀谷一丁目~六丁目と西糀谷一丁目~四丁目とに分かれています。

今でも、大田区立糀谷小学校、大田区立糀谷中学校、京急空港線糀谷駅など、東・西の区別をせずに用いることも多くあります。

また西糀谷の北には、かつて「蒲田区北糀谷町」であった北糀谷一丁目~二丁目があります。