中学生・都立入試対策シリーズ・社会「埼玉県」

[contact-form-7 404 "Not Found"]
 

高校受験にでる「埼玉県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 
[contact-form-7 404 "Not Found"]

3分で覚える[埼玉県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、埼玉県の特徴を確認します。

 

自然

  • 利根川:日本一流域面積の大きい川。茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都などを流れている。
  • 流域面積:ある川に対して、その川に地表に降った雨や雪が流れ込む範囲のこと。
  • 埼玉県の一部は関東平野上に位置しています。
  • 関東平野:日本で一番面積の大きい平野。面積は四国と同じくらい。関東ローム層と呼ばれる赤土がある。
  • 関東ローム層:富士山や浅間山などの火山の噴火によって生じた赤土の層。
  • 埼玉県は内陸県で、海がありません。

 

第一次産業(農業)

  • 埼玉県では近郊農業が盛んです。
  • 近郊農業:大都市周辺(東京・大阪・名古屋の近く)で行われる農業のこと。野菜、花、果物、乳製品の生産が中心となる。
  • 近郊農業のメリット①商品の輸送費用が安く抑えられる。②新鮮なまま消費地に届けることができる。
  • 埼玉県で近郊農業が盛んな理由:東京大都市圏(東京都・神奈川県・千葉県)の近くに位置しているから。
  • 埼玉県では、ほうれんそうやねぎの生産が盛んです。

 

第二次産業(工業)

  • 埼玉県秩父市ではセメント工業が盛ん。
  • セメント工業:石灰石からセメントを生産する工業。
  • セメント:原材料は石灰石である。コンクリートをつくるために使われる。

 

人口

  • 昼夜間人口比率が100を下回っている。(2010年)=昼間人口より夜間人口のほうが多い。
    理由:昼間、隣にある東京都にある学校や会社に通勤・通学する人の数が多いから。
    東京への通勤・通学が大変盛んなので、鉄道や高速道路など交通網が大変発達している。
  • 昼間人口:その場所に住んでいる人の数+ほかの地域から通勤・通学している人の数―ほかの地域へ通勤・通学している人の数。
  • 夜間人口:その場所に住んでいる人の数。
  • 昼夜間人口比率:夜間人口を100とした昼間人口の指数のこと。これが100を下回ると昼間人口<夜間人口、100を超えると昼間人口>夜間人口である。
  • ベッドタウン:大都市に通勤する人の住宅地として発展した都市のこと。埼玉県のベッドタウン代表例は川口市・戸田市です。
  • さいたま市:埼玉県の県庁所在地。浦和市・大宮市・与野市の3市が合併して誕生した。2019年6月現在、人口130万人を超える都市である。中心部は「さいたま新都心」として防衛省・財務省などの行政機関やさいたまスーパーアリーナなどの施設がある。

 

歴史

  • 古墳時代:稲荷山古墳がつくられた。
  • 稲荷山古墳:「ワカタケル」などと書かれた鉄剣が出土したことで有名な古墳。
  • 明治維新期:埼玉県秩父(ちちぶ)において秩父事件が発生した。
  • 秩父事件:自由民権運動のなかの「激化事件」として有名である。
  • 激化事件:武力ではなく言論の力で憲法の制定や国会の開設、言論の自由を求めて活動した自由民権運動のなかで、過激派となった一部の活動家が起こした武装蜂起事件(ぶそうほうきじけん)。

 
 
埼玉県に関しては、
 
①近郊農業
 
②利根川
 
③交通網の発達
 
をまずは覚えてください。

 
 
以上、『高校受験にでる「埼玉県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]