中学生・都立入試対策シリーズ・社会「新潟県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「新潟県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[新潟県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、新潟県の特徴を確認します。
 

気候

  • 新潟県は冬に降雪が多い。日本有数の豪雪地帯である。理由(シンプルバージョン):湿った北西の季節風が吹くから。理由(詳細):新潟県は日本海沿岸にあります。冬は北西からの季節風が吹いています。この風は日本海を越えるときに水分を吸い込みます。湿った風となるのです。そして、日本海沿岸部に到達した際に吸い込んだ水分を地上に降らせます。季節が冬なので、雨ではなく雪として降ります。こうした理由で、冬の日本海側では降雪が多くなります。この事実は、新潟県だけでなく北陸地方の各県、山形県、秋田県、京都府北部、島根県、鳥取県など日本海沿岸部について当てはまることなので出題されやすいです。必ず覚えておいてください。

 

自然

  • 新潟県には信濃川が流れています。
  • 信濃川:長野県から新潟県に流れこんでいる河川。日本で最も長い河川である。
  • 新潟県の沖合には佐渡島(さどがしま)があります。
  • 佐渡島:①トキの繁殖②金山が有名です。
  • トキ:日本では野生のものは絶滅してしまった鳥。「日本を象徴する鳥」とされることも多い。現在は佐渡島において人工的に繁殖(はんしょく)させたトキがおよそ100羽いる。トキは国の特別天然記念物に指定されている。
  • 佐渡金山:佐渡島には、金が採れる「金山」があった。江戸時代には世界最大級の金の採掘地(さいくつち)だった。
  • 新潟県西部には飛騨山脈があります。
  • 飛騨山脈:新潟県・長野県・富山県・岐阜県にまたがって連なる山脈。標高3000メートル級の山(標高2000mを越える険しい山々)が連なっている。通称は「北アルプス」です。
  • 日本アルプス:飛騨山脈・赤石山脈・木曽山脈の3つの山脈を総称した名称です。「日本の屋根」と呼ばれることも多い。「3000メートル級の山々」「2000メートルを超える険しい山々」といった表現で選択肢の文中に登場することが多い。新潟県以外にも、富山県・長野県・岐阜県・山梨県・静岡県と、合計6つの県にまたがって存在しています。ということは、出題頻度はとても高いということです。中部地方=日本アルプス、と考えても問題ありません。

 

第一次産業(農業)

  • 新潟県では、越後平野を中心に稲作が盛んです。新潟県は全国有数の稲作地帯です。「稲作地帯」は「米どころ」「水田単作地帯」「穀倉地帯」などの呼び名があります。米の生産量は全国1位です。(たまに北海道に負けて2位になります。)
  • 越後平野:新潟県の中部から北部、信濃川の下流に広がる広大な平野。東京都全体と同じくらいの面積がある。
  • 水田単作地帯:1年のうちに1つの水田において1回、稲だけを栽培する地帯。冬が寒く、雪が積もるので「二期作」「二毛作」ができない地域を指す。
  • 二期作:1年のうちに1つの耕地において2回、同じ作物を栽培して収穫すること。
  • 二毛作:1年のうちに1つの耕地において2回、異なる作物を栽培して収獲すること。(例:夏には米を、冬には麦を栽培する。)
  • 穀倉地帯:穀物の生産量が多い地域のこと。日本では、特に米の生産量が多い地域を指す。
  • 穀物:稲・小麦・トウモロコシなど食料・飼料・工業用デンプンの原料とするために栽培されるイネ科の植物のこと。
  • 飼料:家畜に与える食物。いわゆる「えさ」のこと。
  • 工業用デンプン:トウモロコシから精製する「コーンスターチ」などが製紙や段ボールの製造に利用される。

 

第二次産業(工業)

  • 新潟県では食品加工業が盛んです。米を生かした米菓や切り餅などの生産が有名です。
  • 食品加工業:食品を加工して加工食品を製造する工業。ハム・ソーセージの製造や冷凍食品の製造、カレーなどのレトルト食品の製造が代表例。
  • 米菓:お米からつくった菓子(かし)。せんべい、おかき、あられなど。
  • 新潟県燕市(つばめし)では金属加工が非常に盛んです。生産したものは「金物」(かなもの)と呼ばれます。特に金属洋食器の生産は有名で、日本国内生産の90%以上は燕市で行われています。
  • 金物:金属製の器具・道具のこと。
  • 洋食器:西洋料理の食事に用いる容器・器具のこと。お皿・グラス・ナイフ・フォーク・スプーンなど。

 

歴史

  • 戦国時代:戦国大名上杉謙信が支配していた地域に越後国(今の新潟県にあたる地域)が含まれています。
  • 上杉謙信:越後国(今の新潟県にあたる地域)などを支配した戦国大名。武田信玄と信濃(今の長野県にあたる地域)をめぐって争った川中島の戦いが有名である。
  • 高度経済成長期新潟水俣病が発生した。
  • 新潟水俣病:新潟県阿賀野川流域で発生した公害病。四台公害病の一つである。昭和電工株式会社が排出した水銀による汚染が原因である。
  • 水俣病:熊本県水俣市の水俣湾で発生した公害。チッソ株式会社が排出したメチル水銀が原因。

 
 
新潟県は、まず

①稲作

②降雪

③信濃川

④金属洋食器
 
 
を覚えてください。

それ以外は後回しでも構いません。
 
 
ただし、「稲作」は上記の通り関連するワードが非常に多いです。

稲作が盛んであることを表現していることをきちんと読解できるように、紹介した様々な表現を覚えておきましょう。

 
 
以上、『高校受験にでる「新潟県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。



【茗荷谷】の豆知識

町名の由来

旧茗荷谷町は、小石川台地と小日向台地の間の浅い谷が「茗荷谷」と呼ばれていて、江戸時代、茗荷畑が多かったからといわれています。

この町名は、この「茗荷谷」からとったものです。

なお、現在は茗荷の本格的な栽培は行われていませんが、拓殖大学文京キャンパスの脇の小さな畑で、茗荷が栽培されています。

また、茗荷谷駅もこの町名から名付けられています。

呼び方として、小石川區史にはめうがだにちょう(旧仮名遣い)と書かれていました。