中学生・都立入試対策シリーズ・社会「神奈川県」

[contact-form-7 404 "Not Found"]
 

高校受験にでる「神奈川県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 
[contact-form-7 404 "Not Found"]

3分で覚える[神奈川県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

 

自然

  • 神奈川県の南西部には箱根山がある。
  • 箱根山:神奈川県と静岡県にまたがる火山。活発に活動している。
  • 箱根:箱根山の周辺にある観光地。温泉やホテル、箱根彫刻の森美術館などが有名。

 

第一次産業(農業)

  • 神奈川県では近郊農業が盛んです。
  • 近郊農業:大都市周辺(東京・大阪・名古屋の近く)で行われる農業のこと。野菜、花、果物、乳製品の生産が中心となる。
  • 近郊農業のメリット①商品の輸送費用が安く抑えられる。②新鮮なまま消費地に届けることができる。
  • 神奈川県で近郊農業が盛んな理由:東京大都市圏(東京都・神奈川県・千葉県)という大都市圏に位置しているから。
  • 三崎漁港で遠洋漁業が盛ん。マグロが有名。
  • 三崎漁港:マグロ料理などの店が並び、東京から気軽に行ける日帰り観光地として人気がある。
  • 遠洋漁業:南太平洋、インド洋などまで魚を捕りに行く漁業。一度日本を出ると短くて1か月、長い場合は1年半ほど帰国しない。マグロやカツオの漁が中心である。

 

第二次産業(工業)

  • 神奈川県は京浜工業地帯に含まれている。
  • 京浜工業地帯:東京都大田区、神奈川県川崎市、神奈川県横浜市を中心とする工業地帯。第二次世界大戦後、長らく日本最大の工業地帯であったが、現在は中京工業地帯などに抜かれている。
  • 神奈川県では自動車工業が盛ん。神奈川県横浜市には日産自動車の本社がある。
  • 神奈川県では石油化学工業が盛ん。
  • 石油化学工業:石油を、何らかの化学変化を利用して加工する工業のこと。石油からゴムやプラスチックなどを生産する。
  • 石油化学コンビナート:石油化学工業において、様々な役割を持つ工場や企業が集まって形成している集団。
  • 鉄鋼業:建物の建設、自動車の製造、船の製造など幅広い用途に用いられる鉄鋼を生産する工業。

 

第三次産業(サービス業)

  • 横浜港:幕末に日米修好通商条約に基づいて開港された。日本でも有数の貿易港。自動車の輸出が盛んである。
  • 都市の再開発:建物を取り壊して街づくりをし直すこと。単に古くなった建物を建て替えるだけでなく、倉庫や工場の跡地に人がたくさん集まるような施設やマンション、高層ビルをつくることもある。
  • 横浜みなとみらい21:再開発により工場のあるエリアから観光エリアに変化した地域。赤レンガ倉庫やランドマークタワー、観覧車などが有名なスポットである。
  • 全国の都道府県のうち、人口が2番目に多いのが神奈川県(1位は東京都)
  • 全国の市のうち、人口が2番目に多いのが神奈川県横浜市(1位は東京23区)

 

歴史

  • 鎌倉時代:神奈川県鎌倉市のあたりに鎌倉幕府があり、日本の政治の中心地であった。
  • 幕末:①ペリーが浦賀に来航した。②日米和親条約で下田を開港した。③日米修好通商条約で横浜港など5つの港を開港した。
  • ちなみに残りの4つは兵庫・函館・新潟・長崎です。
  • 日米修好通商条約:1858年に日本とアメリカ合衆国とが締結した条約です。貿易をおこなうことなどを定めた条約です。
  • 大正時代(第一次世界大戦期):関東大震災が発生した。
  • 関東大震災:神奈川県の相模湾沖を震源とする大地震。10万人以上が亡くなったとされる。主な死因は火災による焼死。ちなみに阪神淡路大震災では建物や家具などに押しつぶされた圧死、東日本大震災では津波などによる溺死が多かった。関東大震災が発生した9月1日は「防災の日」に制定されている。

 
 
神奈川県に関しては、

①ペリー、日米和親条約、日米修好通商条約

②自動車
 
 
をまずは覚えておきましょう。

 
 
以上、『高校受験にでる「神奈川県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]
[contact-form-7 404 "Not Found"]