中学生・都立入試対策シリーズ・社会「大分県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。

 

高校受験にでる「大分県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[大分県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、大分県の特徴を確認します。

 

自然

 

  • リアス式海岸:入り江と岬が複雑に入り組んだ海岸線(ギザギザになっている海岸線)
    大分県南東部の海岸線はリアス式海岸である。
  • 火山:大分県には県の北東部から南西部にかけて活火山が3つあります。
    これは都道府県別のランキングでいうと12位タイということで目立って上位というわけではありません。
    しかし、大分では火山があることが県の特徴を形作っていますので重要となっています。
  • 温泉:地中からわいてくる温かいお湯(地上で25℃以上だと「温泉」と認定されるらしいです。)火山の近くは温泉が多い傾向にあります。
    大分県は温泉の湧出量と源泉数が日本一である。
  • 地熱発電:火山活動による熱を用いて電気をつくること。
    大分県西部で盛んに行われている。
    当然、火山が多い地域に多い。

 

第一次産業(農業)

 

  • シイタケの栽培:大分県は干しシイタケに日本一の産地です。
    全国の約半分のしいたけは大分県産です。
  • 関あじ・関さば:大分県の佐賀関という場所で獲れるあじとさば。佐賀「関」という地名にちなんで関あじ・関さばと呼ばれています。一本釣り漁で捕獲する高級魚として有名です。

 

第二次産業(工業)

  • 大分臨海工業地帯:製鉄業と石油化学工業が盛んな工業地帯です。
  • 製鉄業:建物の建設、自動車の製造など幅広い用途に用いられる鉄を生産する工業。
  • 石油化学工業:石油からプラスチック、ゴムなどを生産する工業。
  • 石油化学コンビナート:石油化学工業において、様々な役割を持つ工場や企業が集まって形成している集団。
  • 電子工業・精密機械工業:大分県では、空港の周辺で電子工業・精密機械工業が盛んである。
  • 電子工業:テレビ、ラジオ、コンピューターなどの電子機器を製造する工業のこと。また、電子機器の部品である半導体やIC(集積回路)の生産も行う。
  • 精密機械工業:時計、医療用機器など精密な作動が求められる機械を製造する工業のこと。
  • 半導体:電気をよく通す「導電体」と電気を通さない「絶縁体」の中間の性質を持つ物質。「半」分だけ電気を「導」電するので、「半導体」と呼ばれています。携帯電話など様々な電子機器に使われている、非常に重要な部品です。シリコンが主な原料です。
  • シリコンアイランド:九州の別名。九州で半導体の生産が盛んであることからこの名がついた。
  • IC(集積回路):様々な電子部品を1つの半導体チップの上にまとめたもの。コンピューター、スマートフォン、自動車、家電などほとんどすべての機器に使われている。
    →ICの工場は空港や高速道路の近くに多い。
    その理由:ICを自動車や飛行機で輸送しやすい立地であるため。
    (海の)港の近くに無い理由:ICは小型・軽量の割に高価なため、船で運ばずに飛行機で運んでも採算がとれるから。

 
 
船で運ぶより飛行機で運ぶほうが輸送量が高いんですね。

なので、安い商品を飛行機で運ぶと輸送費が高くついて赤字になってしまいます。

しかし、IC(集積回路)は小さくて高価なので飛行機で運んでもOKなのです。
 

第三次産業(サービス業)

 

  • 観光:温泉を目当てに大分へ訪れる観光客が多いです。

 
 
大分県は
「温泉」「火山」の出題が多いです。

まずはこの2つを大分県の特徴として覚えてください。

それ以外の特徴はあとからでも構いません。

 
 
以上、『高校受験にでる「大分県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。

 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄

高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。