中学生・都立入試対策シリーズ・社会「高知県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「高知県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[高知県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、高知県の特徴を確認します。

 

気候

  • 太平洋沿岸の地域:夏を中心に降水量が非常に多い。気温は温暖である。
     
    降水量が多い理由:①夏に南東から湿った季節風が吹く②台風がよく通過する
    気温が温暖な理由:水温が高い黒潮が沿岸を流れているから。
     
  • 黒潮:日本列島の太平洋側を北上する暖流。
  • 暖流:周辺の海水に比べて水温が高い海流。
  • 海流:ほぼ一定の向きに移動する海水の流れ。暖流と寒流がある。

 

自然

  • 高知県沖には暖流の黒潮が流れている。

 

第一次産業(農業)

  • キュウリ、ピーマン、なすの栽培が盛ん
  • ビニールハウスを利用した施設園芸農業が盛ん:ビニールハウスや冷暖房を利用した農業を施設園芸農業といいます。
  • ビニールハウスを利用した促成栽培が盛ん:通常よりも収穫の時期を早める栽培方法を促成栽培といいます。
  • 促成栽培のメリット:他の地域が収穫していない=出荷できない時期に出荷することで高い値段で作物を販売することができる。
  • 高知県ではかつお漁が盛ん。かつおの漁獲量が多い。特に、かつおの一本釣り(いっぽんづり)が有名。
  • 一本釣り:一本の釣りざおをつかい、釣り糸に針をつけて手で操作して(機械に頼らずに)魚を釣ること。一度に大量の魚を網にかけるよりも魚が傷つかないので、見た目が良いままで販売できる。また、1匹づつ釣った後にすぐ冷凍保存することで鮮度を保ったまま出荷することができる。

 

第三次産業(サービス業)

  • 高知県高知市では毎年8月によさこい祭りが開催される。
  • よさこい祭り:鳴子を持った踊り子が個性的な衣装を着て、様々な楽曲や振り付けで自由に踊る祭り。
  • 鳴子(なるこ):音のなる道具。もともとは鳥を追い払うために使われてきた道具である。

 

歴史

  • 今の高知県にあたる地域は昔、土佐(とさ)または土佐藩と呼ばれていました。
  • 幕末期:土佐藩の坂本龍馬が長州藩(ちょうしゅう・山口県)と薩摩藩(さつま・鹿児島県)を仲介して薩長同盟を結ばせた。
  • 明治維新期:土佐藩出身の板垣退助自由民権運動の中心人物となった。

 
 
高知県に関しては、

①促成栽培

②気候

③かつお
 
 
でほぼ暗記完了です。
 
 
以上、『高校受験にでる「高知県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。