中学生・都立入試対策シリーズ・社会「香川県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「香川県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[香川県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、香川県の特徴を確認します。

 

気候

  • 香川県県北部・瀬戸内側の気候の特徴は、

    ①一年を通して降水量が少ない

    ②冬でも比較的温暖

    です。

    →瀬戸内海沿岸は、北に中国山地・南に四国山地がある立地となっています。夏、南西から吹き日本に雨をもたらす季節風は四国山地によってさえぎられます。また、冬は北東からの雪をもたらす季節風が中国山地によってさえぎられます。

    こうして、瀬戸内海沿岸では夏も冬も降雨・降雪が少なくなります。

    ※瀬戸内海沿岸は温暖ですが、沖縄や九州、そして黒潮の影響を受けている太平洋沿岸の地域ほどは温暖ではありません。

  • 瀬戸内海:香川県の北側が面している海。山口県、広島県、兵庫県、徳島県、愛媛県、岡山県などの都道府県も瀬戸内海に面している。つまり、瀬戸内海沿岸の地域がどのような気候であるかは様々な都道府県の問題として出題されるのでとっても重要です。

 

第一次産業(農業)

  • 香川県には多くのため池があります。
  • ため池:降水量が少ない香川県では、昔から農業のための水をため池に貯め、節水しながら農業を営んできました。また、台風などの豪雨の時はいったん雨水をため池に貯めることで洪水や川の氾濫(はんらん)を防ぎます。
  • 香川県の小豆島(しょうどしま)という島ではオリーブの栽培が盛んです。
  • オリーブ:地中海地方で栽培が盛んな果物。温暖で雨の少ない気候を好む作物である。食用油(オリーブオイル)に加工されることが多い。

 

第二次産業(工業)

  • 香川県北部の沿岸部は、瀬戸内工業地域に属している。
  • 沿岸部:海に沿った陸。海の近く。
  • 瀬戸内工業地域:香川県の瀬戸内海側が属している工業地域。重化学工業が盛んである。
  • 重化学工業:重量の大きい(重い)ものを生産する工業。鉄鋼業、金属業、機械工業、化学工業など。
  • 石油化学工業:石油を、何らかの化学変化を利用して加工する工業のこと。石油からゴムやプラスチックなどを生産する。
  • 石油化学コンビナート:石油化学工業において、様々な役割を持つ工場や企業が集まって形成している集団。

 

第三次産業(サービス業)

  • うどんが多く食べられている。
  • うどん:小麦粉を練って長く切った麺およびそれを使った料理のこと。
  • 讃岐うどん(さぬきうどん):香川県の特産品として有名。観光客からも地元の人からも愛されている。

 

その他

  • 香川県は47都道府県のなかで最も面積が小さい。

 

歴史

  • 1980年代:瀬戸大橋が開通。
  • 瀬戸大橋:香川県坂出市(さかいでし)と岡山県倉敷市を結んでいる橋。1988年に開通。本州四国連絡橋の1つとなっている。上が道路、下が鉄道の二層構造になっている。

 
 
香川県に関しては、

①瀬戸内気候

②ため池

③オリーブ④瀬戸大橋
 
 
を覚えておきましょう。

他の内容は後回しでOKです。

 
 
以上、『高校受験にでる「香川県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。