中学生・都立入試対策シリーズ・社会「愛媛県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「愛媛県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[愛媛県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、愛媛県の特徴を確認します。

 

気候

  • 愛媛県瀬戸内側の気候の特徴は、
    ①一年を通して降水量が少ない
    ②冬でも比較的温暖
    です。

    → 瀬戸内海沿岸は、北に中国山地・南に四国山地がある立地となっています。夏、南西から吹き日本に雨をもたらす季節風は四国山地によってさえぎられます。また、冬は北東からの雪をもたらす季節風が中国山地によってさえぎられます。

    こうして、瀬戸内海沿岸では夏も冬も降雨・降雪が少なくなります。

    ※瀬戸内海沿岸は温暖ですが、沖縄や九州、そして黒潮の影響を受けている太平洋沿岸の地域ほどは温暖ではありません。

  • 瀬戸内海:愛媛県の北側が面している海。山口県、広島県、兵庫県、徳島県、香川県、岡山県などの都道府県も瀬戸内海に面している。つまり、瀬戸内海沿岸の地域がどのような気候であるかは様々な都道府県の問題として出題されるのでとっても重要です。

 

自然

  • 愛媛県西部の海岸はリアス式海岸になっています。
  • リアス式海岸:入り江と岬が複雑に入り組んでいる海岸線(ギザギザしているところ)です。愛媛県北西部(地図の左下の箇所)がリアス式海岸になっています。

 

第一次産業(農業)

  • 愛媛県では果樹栽培が盛んである。愛媛県の農業のうちおよそ40%が果実の栽培である。
    特にみかんの栽培が盛ん。和歌山県に次いで全国第二位の生産量です。

 

第二次産業(工業)

  • 愛媛県北部の沿岸部は、瀬戸内工業地域に属している。沿岸部:海に沿った陸。海の近く。瀬戸内工業地域:瀬戸内工業地域:山口県の瀬戸内海側が属している工業地域。重化学工業が盛んである。
  • 重化学工業:重量の大きい(重い)ものを生産する工業。鉄鋼業、金属業、機械工業、化学工業など。
  • 石油化学工業:石油を、何らかの化学変化を利用して加工する工業のこと。石油からゴムやプラスチックなどを生産する。
  • 石油化学コンビナート:石油化学工業において、様々な役割を持つ工場や企業が集まって形成している集団。
  • 今治市(いまばりし)ではタオルの生産と造船業が盛んです。
  • 造船業:船をつくる工業。日本は長らく世界一の造船国でしたが、現在は韓国や中国で造船業が盛んになっています。日本は世界第三位の造船国です。(2015年のデータ)

 

第三次産業(サービス業)

  • しまなみ海道:広島県尾道市(おのみちし)と愛媛県今治市をつなぐ自動車道の愛称。本州四国連絡橋のルートの1つ。

 

歴史

  • 日清戦争・日露戦争期:夏目漱石が愛媛県松山市を舞台として『坊っちゃん』を書いた。松山市では坊っちゃん列車、坊っちゃんスタジアム(野球場)など様々な施設・商品・店舗に「坊っちゃん」をつけている。

 
 
愛媛県に関しては、

①みかん

②リアス式海岸

③瀬戸内海沿岸の気候
 
 
まずはこの3つを覚えましょう。

 
 
以上、『高校受験にでる「愛媛県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。