中学生・都立入試対策シリーズ・社会「兵庫県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「兵庫県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[兵庫県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、兵庫県の特徴を確認します。
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄

 

気候

  • 北部=日本海沿岸→冬の降雪が多いのが特徴です。
     
    →理由:兵庫県は日本海側にあります。冬は北西からの季節風が吹いています。この風は日本海を越えるときに水分を吸い込みます。湿った風となるのです。そして、日本海沿岸部に到達した際に吸い込んだ水分を地上に降らせます。季節が冬なので、雨ではなく雪として降ります。こうした理由で、冬の日本海側では降雪が多くなります。この事実は、兵庫県だけでなく鳥取県・島根県や北陸地方の各県、新潟県、山形県、秋田県など日本海沿岸部について当てはまることなので出題されやすいです。必ず覚えておいてください。
  • 南部=瀬戸内海沿岸→①一年を通して降水量が少ない②冬でも比較的温暖
     
    →理由:瀬戸内海沿岸は、北に中国山地・南に四国山地がある立地となっています。夏、南西から吹き日本に雨をもたらす季節風は四国山地によってさえぎられます。また、冬は北東からの雪をもたらす季節風が中国山地によってさえぎられます。
    こうして、瀬戸内海沿岸では夏も冬も降雨・降雪が少なくなります。

    ※瀬戸内海沿岸は温暖ですが、沖縄や九州、そして黒潮の影響を受けている太平洋沿岸の地域ほどは温暖ではありません。

  • 瀬戸内海:兵庫県の南側が面している海。山口県、広島県、岡山県、徳島県、香川県、愛媛県などの都道府県も瀬戸内海に面している。つまり、瀬戸内海沿岸の地域がどのような気候であるかは様々な都道府県の問題として出題されるのでとっても重要です。

 

第一次産業(農業)

  • 近郊農業が盛んです。
  • 近郊農業:大都市周辺(東京・大阪・名古屋の近く)で行われる農業のこと。野菜、花、果物、乳製品の生産が中心となる。
  • 近郊農業のメリット①商品の輸送費用が安く抑えられる。②新鮮なまま消費地に届けることができる。
  • 兵庫県で近郊農業が盛んな理由:京阪神(京都・大阪・神戸)という大都市圏の近くに位置しているから。
  • たまねぎの栽培:淡路島(あわじしま)で特に盛んです。
  • 神戸ビーフ(神戸牛)の生産:兵庫県の北部で盛んです。
  • 神戸ビーフ:兵庫県産の牛肉のうち、肉質などのいくつかの厳しい基準を満たしたものだけが名乗ることができるブランド名。一般的には神戸牛(こうべうし、こうべぎゅう)とも呼ばれている。とろけるような食感と味わいが人気です。

 

第二次産業(工業)

  • 兵庫県は阪神工業地帯に含まれてます。
  • 阪神工業地帯:大阪府・兵庫県を中心とする工業地帯。和歌山県の一部も含まれている。
    全国の工業地帯・工業地域別の製造品出荷額では第二位である。中京工業地帯が自動車、京葉工業地域が化学工業の割合がダントツに高いのと比べると特徴が目立たないので問題として出題されると厄介な存在となる。兵庫県では鉄鋼業と化学工業が、大阪府では中小の技術力が高い工場が多いのが特徴。
  • 鉄鋼業が盛ん:兵庫県の工業は、鉄鋼業の割合が高いのが大きな特徴です。鉄鋼業の出荷額は全国第二位。神戸製鋼所という年間の売上高が1兆円を超える鉄鋼メーカーが非常に有名。
  • 鉄鋼業:鉄鋼業:建物の建設、自動車の製造、船の製造など幅広い用途に用いられる鉄鋼を生産する工業。
  • 化学工業が盛ん:鉄鋼業ほど目立たず、出題も鉄鋼業に比べると少ないですが化学工業も盛んです。出荷額は全国第四位です。
  • 化学工業:生産の過程で化学変化が利用される工業のこと。石油からゴムやプラスチックなどを生産する工業は、石油を原料とするので石油化学工業と呼ばれる。山口県は、化学工業の割合が最も高い。
  • 石油化学コンビナート:石油化学工業において、様々な役割を持つ工場や企業が集まって形成している集団。
  • 食料品工業が盛ん。
  • 日本酒の生産(酒造業):日本酒(清酒)の生産日本一です。全国の27%の日本酒は兵庫県産です(2016年)。灘(なだ)という地域の日本酒が特に有名です。

 

第三次産業(サービス業)

  • 神戸港:平清盛によって大輪田泊として整備され、日宋貿易の拠点となったことをきっかけに栄えた日本の主要な国際貿易港。国内で6つしか指定されていない「スーパー中枢港湾」の1つ。1995年の阪神淡路大震災では非常に大きな被害を受けたが1997年には復興宣言が出された。
  • 神戸市:神戸港を中心として発展してきた港町。国内で7番目に大きな都市。
  • 明石海峡大橋:兵庫県と徳島県をつないでいるルートの一部を構成している橋。神戸市と淡路島との間にかかっている。1998年に完成。世界最長のつり橋である。
  • 昼夜間人口比率が100を下回っている。(2010年)=昼間人口より夜間人口のほうが多い。
    理由:昼間、隣にある大阪府にある学校や会社に通勤・通学する人の数が多いから。
  • 昼間人口:その場所に住んでいる人の数+ほかの地域から通勤・通学している人の数―ほかの地域へ通勤・通学している人の数。
  • 夜間人口:その場所に住んでいる人の数。
  • 昼夜間人口比率:夜間人口を100とした昼間人口の指数のこと。これが100を下回ると昼間人口<夜間人口、100を超えると昼間人口>夜間人口である。
  • ベッドタウン:大都市に通勤する人の住宅地として発展した都市のこと。兵庫県にあるベッドタウンとしては宝塚(たからづか)や西宮(にしのみや)が有名です。

 

歴史

  • 平安時代(武士):平清盛大輪田泊を整備しました。大輪田泊はのちに神戸港となりました。
  • 大輪田泊:現在の神戸港西側の一部に相当する港。平清盛が大規模な修築を行ったことが非常に有名。日宋貿易、日明貿易などの拠点となった。
  • 江戸時代(初期):のちに世界文化遺産となる姫路城が建てられました。
  • 姫路城:江戸時代初期に建てられ、現在も当時の主用建築物が現存していることで非常に有名な城。世界文化遺産に指定されている。
  • 江戸時代(幕末):日米修好通商条約にて、五つの開港地のうちの1つとなりました。
    ちなみに残りの4つは神奈川(横浜)・函館・新潟・長崎です。
  • 日米修好通商条約:1858年に日本とアメリカ合衆国とが締結した条約です。貿易をおこなうことなどを定めた条約です。神戸港の開港。
  • 1990年代:1995年に阪神淡路大震災が発生しました。特に兵庫県南部は大きな被害を受けました。

 
 
ここまで見てきて分かる通り、

兵庫県は出題される項目が非常に多い県です。
 
 
①鉄鋼業

②阪神淡路大震災

③神戸港
 
 
の出題が目立ちますので、まずはこの3つから覚えましょう。

 
 
以上、『高校受験にでる「兵庫県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。