中学生・都立入試対策シリーズ・社会「鳥取県」

ALESPARK(アレスパーク)が都立高校入試に強い

理由とは?

 

では、過去問を全て分析し、以下のように、

都立高校合格に必要な情報をカバーしています。


 

高校受験にでる「鳥取県」: 都立高校入試・社会対策(大問3)


 

には、

無料体験(1週間)がございます

 

まずは、無料でお試しください。

 

3分で覚える[鳥取県] – 都立高校入試・社会 大問3対策

都立高校受験対策として、

社会の大問3で出題される各都道府県の特徴を学んでいきましょう。

この記事では、鳥取県の特徴を確認します。

 

気候

  • 冬に降雪が多いのが特徴です。
     
    →理由:鳥取県は日本海側にあります。冬は北西からの季節風が吹いています。この風は日本海を越えるときに水分を吸い込みます。湿った風となるのです。そして、日本海沿岸部に到達した際に吸い込んだ水分を地上に降らせます。季節が冬なので、雨ではなく雪として降ります。こうした理由で、冬の日本海側では降雪が多くなります。この事実は、鳥取県だけでなくお隣の島根県や北陸地方の各県、新潟県、山形県、秋田県など日本海沿岸部について当てはまることなので出題されやすいです。必ず覚えておいてください。

 

自然

  • 鳥取砂丘:我が国最大級の砂丘。日本最大ではない。日本最大なのは青森県の猿ヶ森砂丘。しかし猿ヶ森砂丘は大部分が自衛隊の試験場・訓練場となっていて一般人の立ち入りはできない。したがって、鳥取砂丘は「観光可能な日本最大の砂丘」「一般人が立ち入ることができる日本最大の砂丘」「日本最大級の砂丘」と称される。
  • 防砂林:砂丘の砂が農地・住宅地などに飛散するのを防止するために設けられるもの。

 

第一次産業(農業)

  • らっきょうの生産が盛ん。鳥取県は全国1位(2014年)。らっきょうはやせた(栄養分の少ない)土地でもよく育つので、砂丘で生産されやすい。
  • すいかの生産が盛ん。鳥取県は全国4位(2017年)。スイカは南アフリカにあるカラハリ砂漠原産の果物であり、砂丘での栽培に適した作物である。
  • 日本梨(なし)の生産が盛ん。鳥取県といえば梨、というイメージが強いですが全国第5位です(2016年)。水はけが良いなどの砂丘がもつ特性を活かした農業が盛んである。
  • 境港での漁業が有名です。
  • 境港:中国地方で最も水揚げ量が多い漁港。カニの水揚げが盛んである。水揚げ量が全国5位である(2017年)

 
 
鳥取県については、

①鳥取砂丘
 
 
まずは鳥取=鳥取砂丘、砂丘=鳥取と覚えて下さい。
 
 
そのうえで、余裕がある人は

①鳥取砂丘

②境港

この二つを覚えてください。

 
 
以上、『高校受験にでる「鳥取県」:都立高校入試社会大問3対策』でした。
 
 


 
 

他の都道府県についても、こちらから学習できます。

北海道 / 東北地方 / 関東地方 /中部地方 / 近畿地方 / 中国地方 / 四国地方 / 九州地方 / 沖縄


高校受験・社会対策 – 進学塾@木場/東陽町ならアレスパーク

には、

無料体験(1週間)がございます

まずは、無料でお試しください。